■半身浴ダイエットの魅力


半身浴は身体だけでなく心の毒も一緒に出す最高のデトックスタイムを与えてくれます。さらにダイエットにも効果的です。

デトックス(解毒)に汗をかくことは非常に重要ですが日常で運動による汗をかく機会が減ってきている人たちが非常に減ってきています。

毎日ジョギングすることは大変ですが半身浴は入浴という生活のなかでも毎日行う行為に取り入れることができ、手軽にじんわりと汗をかくことができます。

半身浴ではゆっくりと湯船につかることで身体の芯から温まり、血行が促進し、新陳代謝を活発にします。

それによって今まで身体に溜め込んできた老廃物や疲労物質が汗とともにどんどん排出されます。

これはいわゆる有酸素運動なる行為で出すことができるものでありますが、ぬるめのお風呂で半身浴をすることでもこの効果が得られるというわけです。

有酸素運動 (ゆうさんそうんどう) は、生理学、スポーツ医学、健康増進等の領域で、酸化的リン酸化を主なエネルギー源とした運動をいう。


有酸素運動
全身持久力向上に役立つだけでなく、中等度の強さにとどめておくと、体内の糖代謝、脂肪代謝を改善するので生活習慣病の予防、治療に役立つ。有酸素運動の一つであるエアロビクスダンスは「有酸素の」(あるいは「好気的な」)を意味する英語 aerobic からとった名前である。

これに反して無酸素運動(あるいは「嫌気的な運動」)では体内のグリコーゲンなど糖質が酸素を使わずに消費される。あらゆる運動の初期、または短距離走など激しい運動が短時間のみ行われる場合がこれに当たる。なおこれはエネルギー効率が非常に悪い。

一般的には、「身体にある程度以上の負荷をかけながら、ある程度長い間継続して行う運動」はすべて有酸素運動とみなす事ができる。例えば長距離走は有酸素運動であるが、短距離走は無酸素運動である。またテニスを例にすると、シングルスなら選手が継続して運動するため有酸素運動となり得るが、ダブルスでは選手が頻繁に動きを止めるため有酸素運動にならないこともある。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。